駅自体が観光名所!JR鎧駅から見渡す日本海は絶景の一言

駅自体が観光名所!JR鎧駅から見渡す日本海は絶景の一言

1日の乗客数が平均10人未満の無人駅、JR山陰線の鎧駅。一見何の変哲もない地方駅に見えますが、実は駅からは広大な日本海を見渡すことができるんです。鎧駅の絶景の一端やアクセス方法など、くわしくご紹介します。


兵庫県香美町のJR鎧駅から見える広大な日本海は思わず言葉を失うほどの美しさ。今回はそんな鎧駅から見える絶景写真やアクセス方法をご紹介します。近隣スポットの餘部(あまるべ)鉄橋と併せて、ぜひ訪れてみてくださいね。

日本海に面した無人駅!JR鎧

JR 鎧駅

「鎧駅からの眺めがすごいらしい!」そんな噂を聞きつけ、半信半疑で向かった鎧駅。1日の平均乗降者数わずか8名という無人駅は、どこにでもありそうな田舎の駅にしか見えませんでした。

ホームに入ると広がる絶景!

JR 鎧駅

「本当にこんな駅に絶景が?」そんな疑いの心はわずか1分で消え去ることになりました。
駅の入り口から地下階段を通ってホームの反対側へ行くと、眼前には広大な日本海が広がっています。快晴の空と深く青い海──シャッターを押す手が止まりませんでした。

鎧駅へのアクセス

城崎温泉や出石からは車で1時間ほど。車で5分程度でもう1つの絶景スポット「余部鉄橋」にもアクセスできるので、併せて楽しみたいところ。

この記事のライター

東京都出身の豊岡市地域おこし協力隊。皿そばで有名な出石城下町の魅力発信を担当。たじまっぷ編集長として、豊岡を含めた但馬地方の魅力を日々発信していきます。

過去の経歴:不動産会社勤務→世界一周→ライター・SEO

関連するキーワード


香美町 観光 香住 絶景

関連する投稿


【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

兵庫県養父市大屋町の横行地域に広がる横行渓谷。道中に数々のビューポイントを有する美しい渓谷です。11月になると渓谷全体が紅葉で美しく染まる横行渓谷について、アクセス方法などを含めて解説します。 11月になると紅葉が美しい 頂上まで車で行ける ぶなのしずく マップ


撮影チャンスは1時間に1度!?余部鉄橋「空の駅」【香美町 香住】

撮影チャンスは1時間に1度!?余部鉄橋「空の駅」【香美町 香住】

香美町の余部(あまるべ)駅は地上約47mの鉄橋の上に位置することから、別名「空の駅」とも呼ばれています。鉄橋から見渡せる絶景や「亀の駅長」など見どころ満載の余部鉄橋空の駅について、施設概要や美しい景色の一端をお届けします。


最新の投稿


出石皿そば店、まん延防止期間中も営業継続?【1/27時点】

出石皿そば店、まん延防止期間中も営業継続?【1/27時点】

新型コロナウイルス感染拡大防止のための「まん延防止等重点措置」が兵庫県全域に2022年1月27日~2月20日の期間で発令されました。期間中は、出石皿そば店のほとんどは営業を継続する見込みです。


但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

兵庫県北部の但馬地方では、例年11月になると各地で美しい紅葉が見られます。今回は豊岡や養父など、但馬各地の紅葉スポットをご紹介。大阪や神戸方面の方も、但馬在住の方も紅葉スポット巡りの参考にしていただければ幸いです。


【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

兵庫県養父市大屋町の横行地域に広がる横行渓谷。道中に数々のビューポイントを有する美しい渓谷です。11月になると渓谷全体が紅葉で美しく染まる横行渓谷について、アクセス方法などを含めて解説します。 11月になると紅葉が美しい 頂上まで車で行ける ぶなのしずく マップ


豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

近頃、話題の講談。「神田伯山」さんの登場によって、注目が集まっています。しかし、実際は「興味はあるけど、生で講談を見たことがない。」「どこに行ったら見れるの?」なんと豊岡にて11月と12月と二ヵ月連続で講談会が行われます。今回はその内容について紹介させていただきます。


48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

豊岡市日高町の阿瀬渓谷は、出石の城下町から車で約30分ほどのに広がる渓谷です。美しい山間の風景に、全部で48もある滝、そして奥部には昭和まで人々が生活していた痕跡が残る廃村も。今回は豊かな自然と歴史ロマンが詰まった、阿瀬渓谷の魅力やアクセス方法についてお伝えしていきます。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介