但馬五社巡りで1年を健康に!各神社の特徴やアクセスは?

但馬五社巡りで1年を健康に!各神社の特徴やアクセスは?

兵庫県北部地方、但馬に点在する五つの神社を巡ることでご利益を得られるといわれている「但馬五社巡り」。各神社の特徴やアクセス、おすすめの巡り順についてご紹介します。


但馬五社巡りとは

豊岡市・養父市・朝来市に点在する由緒ある5つの神社を巡ることで、大きなご利益が得られると言われているのが但馬五社巡り。お正月に巡るのが一般的ですが、年始以外の時期でも十分なご利益が得られるそうです。

但馬五社を効率よく回るには?

但馬五社は、北から並べると以下の通り。

・絹巻神社(城崎)
・小田井鼎神社(豊岡市街地)
・出石神社(出石)
・養父神社(養父)
・粟鹿神社(朝来)

城崎温泉に宿泊して大阪・神戸方面へ帰る方であれば、城崎にある絹巻神社からスタートして朝来の粟鹿神社をゴールにするのがもっとも効率的です。

では、それぞれの神社についてご紹介していきましょう。

絹巻神社【豊岡市・城崎】

絹巻神社

城崎温泉の中心街から約3㎞に位置する、絹巻神社。お尻を上げた格好の特徴的な狛犬が設置されており、拝むことで「しり上がりに運気が上がる」とも言われています。
また、絹巻神社からは円山川を見渡すことができ、天気によっては素晴らしい景観を拝めるでしょう。

小田井鼎(おだいあがた)神社【豊岡市・市街地】

小田井鼎神社

豊岡市街地のカバンストリートから徒歩11分に位置する小田井鼎(おだいあがた)神社は、日本有数の鞄生産地である豊岡のルーツともいえます。当神社の参道にはかつて、豊岡鞄の原型である「柳行李(やなぎごうり)」の店舗が立ち並んでおり、境内にある柳の宮が昭和初期に建立されました。
豊岡を代表する祭りである「柳まつり」も柳の宮が建てられた昭和初期に始めったといわれています。

出石神社【豊岡市出石町】

出石神社

但馬におけるもっとも格式高い「一宮(いちのみや)」である出石神社。古事記にもその記述がある天日槍(あめのひぼこ)を祭っています。ヒボコは太古の昔に新羅から日本へと渡来して但馬の地を豊かな土壌へと変えたことから「土木の神様」としても知られています。
また、敷地のほとんどは「禁足地」と呼ばれる立ち入り禁止の区域で、草木の伐採すらも禁止されているのです。

出石神社 御朱印

事前予約で御朱印もいただけます

養父神社【養父市】

養父神社

かつては但馬牛の取引市が催されていた時代もあり、「取引の神」や「農業の神」としても崇められていました。そして、養父神社の魅力が最大限に発揮されるのはなんといっても11月の紅葉の時期。境内全体が赤く染まり、参拝客を魅了します。紅葉の時期には「もみじまつり」と銘打って限定お守りを販売する他、夜間には竹灯籠によるライトアップも行われます。

養父神社 紅葉 ライトアップ

粟鹿神社【朝来市 山東町】

粟鹿神社

建立から約2000年という、但馬五社の中でももっとも歴史ある神社の1つで、出石神社とは長年にわたって一宮神社の座を争ってきました。敷地内にそびえる樹齢約400年、高さが約35mのご神木は必見です。約600年前に建てられたとされる勅使門は、朝来市の文化財に指定されています。

五社巡りの台紙は各神社に設置

五社巡り スタンプラリー

但馬五社巡りでは、各神社に訪れた証となるスタンプが設置されています。台紙も各神社に用意されていますので、どこからスタートしてもOKです。出来れば1日で五社を巡るのが理想ですが、1日時間を確保するのが困難な方は仕事や用事の合間に1つずつ巡ってもよいでしょう。

この記事のライター

東京都出身の豊岡市地域おこし協力隊。皿そばで有名な出石城下町の魅力発信を担当。たじまっぷ編集長として、豊岡を含めた但馬地方の魅力を日々発信していきます。

過去の経歴:不動産会社勤務→世界一周→ライター・SEO

関連するキーワード


但馬五社巡り 寺社仏閣

関連する投稿


蕎麦とお城だけじゃない!出石のちょっとマニアックな観光スポット3選

蕎麦とお城だけじゃない!出石のちょっとマニアックな観光スポット3選

皿そばと城下町巡りで有名な、豊岡市の出石町。ただ、出石にはお城以外にも魅力的なスポットがいくつもあるんです。今回は、そんな出石の中でもちょっとマニアックな3つのスポットをご紹介します。


【但馬五社】養父神社の紅葉ライトアップは必見!特別なお守り&御朱印も

【但馬五社】養父神社の紅葉ライトアップは必見!特別なお守り&御朱印も

但馬五社の1つに数えられる、養父神社。11月には「紅葉祭り(もみじまつり)」が開催され、美しい紅葉が観られるように。この記事では、養父神社の境内の様子や紅葉の写真、アクセス方法をご紹介します。


出石 見性寺|高さ4mの回転式書庫「輪蔵」は必見!

出石 見性寺|高さ4mの回転式書庫「輪蔵」は必見!

出石の中心街から徒歩で10分以内に位置する曹洞宗の仏教寺院、見性寺。江戸時代から続く由緒あるお寺です。美しい庭園や広々とした本堂、そして高さ4mの回転式書庫「輪蔵(りんぞう)」は一見の価値ありです。


最新の投稿


48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

豊岡市日高町の阿瀬渓谷は、出石の城下町から車で約30分ほどのに広がる渓谷です。美しい山間の風景に、全部で48もある滝、そして奥部には昭和まで人々が生活していた痕跡が残る廃村も。今回は豊かな自然と歴史ロマンが詰まった、阿瀬渓谷の魅力やアクセス方法についてお伝えしていきます。


2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

「天空の城」として有名な、兵庫県朝来市の竹田城跡。一面に広がる雲海の中に城が浮かんでいるように見えるその光景は、某ジブリアニメを連想させますよね。 「1度は見てみたい!」という方も多い竹田城の雲海ですが、どこへ何時頃いけばよいのでしょうか。今回は、早起きが苦手な編集部員と共に竹田城跡を訪れた際の体験記をお伝えします。


養父神社の紅葉は昼も夜も楽しめる!限定御朱印も販売!

養父神社の紅葉は昼も夜も楽しめる!限定御朱印も販売!

兵庫県養父市の養父神社は、県内屈指の紅葉スポットとして有名。11月の紅葉シーズンは「やぶもみじまつり」と銘打ち、お守りや御朱印の販売も行われます。昼は紅葉の中でお散歩、夜はライトアップと昼夜楽しめる養父神社の様子をお届けします。※写真は2020年に撮影しました。


11月の出石は紅葉が見ごろに!おすすめスポットを定番から穴場まで紹介

11月の出石は紅葉が見ごろに!おすすめスポットを定番から穴場まで紹介

豊岡市の出石町は風情ある城下の町並みで有名ですが、11月の出石は赤に黄色に、見事な紅葉で彩られます。今回は、出石の紅葉スポットについて、定番スポットから知る人ぞ知る穴場スポットまで、ご紹介していきます。 ※写真は2020年に撮影


3000円で4000円分!お得な「とよおか旅クーポン」販売開始【12/26迄】

3000円で4000円分!お得な「とよおか旅クーポン」販売開始【12/26迄】

豊岡市内の宿泊施設・飲食店・お土産物店で使える、3000円で4000円分のプレミアム券「とよおか旅クーポン」が販売開始されました。12月26日まで豊岡市内の各観光案内所や店舗で販売されるお得なクーポン券について、詳細をお伝えします。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介