但馬五社巡りで1年を健康に!各神社の特徴やアクセスは?

但馬五社巡りで1年を健康に!各神社の特徴やアクセスは?

兵庫県北部地方、但馬に点在する五つの神社を巡ることでご利益を得られるといわれている「但馬五社巡り」。各神社の特徴やアクセス、おすすめの巡り順についてご紹介します。


但馬五社巡りとは

豊岡市・養父市・朝来市に点在する由緒ある5つの神社を巡ることで、大きなご利益が得られると言われているのが但馬五社巡り。お正月に巡るのが一般的ですが、年始以外の時期でも十分なご利益が得られるそうです。

但馬五社を効率よく回るには?

但馬五社は、北から並べると以下の通り。

・絹巻神社(城崎)
・小田井鼎神社(豊岡市街地)
・出石神社(出石)
・養父神社(養父)
・粟鹿神社(朝来)

城崎温泉に宿泊して大阪・神戸方面へ帰る方であれば、城崎にある絹巻神社からスタートして朝来の粟鹿神社をゴールにするのがもっとも効率的です。

では、それぞれの神社についてご紹介していきましょう。

絹巻神社【豊岡市・城崎】

絹巻神社

城崎温泉の中心街から約3㎞に位置する、絹巻神社。お尻を上げた格好の特徴的な狛犬が設置されており、拝むことで「しり上がりに運気が上がる」とも言われています。
また、絹巻神社からは円山川を見渡すことができ、天気によっては素晴らしい景観を拝めるでしょう。

小田井鼎(おだいあがた)神社【豊岡市・市街地】

小田井鼎神社

豊岡市街地のカバンストリートから徒歩11分に位置する小田井鼎(おだいあがた)神社は、日本有数の鞄生産地である豊岡のルーツともいえます。当神社の参道にはかつて、豊岡鞄の原型である「柳行李(やなぎごうり)」の店舗が立ち並んでおり、境内にある柳の宮が昭和初期に建立されました。
豊岡を代表する祭りである「柳まつり」も柳の宮が建てられた昭和初期に始めったといわれています。

出石神社【豊岡市出石町】

出石神社

但馬におけるもっとも格式高い「一宮(いちのみや)」である出石神社。古事記にもその記述がある天日槍(あめのひぼこ)を祭っています。ヒボコは太古の昔に新羅から日本へと渡来して但馬の地を豊かな土壌へと変えたことから「土木の神様」としても知られています。
また、敷地のほとんどは「禁足地」と呼ばれる立ち入り禁止の区域で、草木の伐採すらも禁止されているのです。

出石神社 御朱印

事前予約で御朱印もいただけます

養父神社【養父市】

養父神社

かつては但馬牛の取引市が催されていた時代もあり、「取引の神」や「農業の神」としても崇められていました。そして、養父神社の魅力が最大限に発揮されるのはなんといっても11月の紅葉の時期。境内全体が赤く染まり、参拝客を魅了します。紅葉の時期には「もみじまつり」と銘打って限定お守りを販売する他、夜間には竹灯籠によるライトアップも行われます。

養父神社 紅葉 ライトアップ

粟鹿神社【朝来市 山東町】

粟鹿神社

建立から約2000年という、但馬五社の中でももっとも歴史ある神社の1つで、出石神社とは長年にわたって一宮神社の座を争ってきました。敷地内にそびえる樹齢約400年、高さが約35mのご神木は必見です。約600年前に建てられたとされる勅使門は、朝来市の文化財に指定されています。

五社巡りの台紙は各神社に設置

五社巡り スタンプラリー

但馬五社巡りでは、各神社に訪れた証となるスタンプが設置されています。台紙も各神社に用意されていますので、どこからスタートしてもOKです。出来れば1日で五社を巡るのが理想ですが、1日時間を確保するのが困難な方は仕事や用事の合間に1つずつ巡ってもよいでしょう。

この記事のライター

東京都出身の豊岡市地域おこし協力隊。皿そばで有名な出石城下町の魅力発信を担当。たじまっぷ編集長として、豊岡を含めた但馬地方の魅力を日々発信していきます。

過去の経歴:不動産会社勤務→世界一周→ライター・SEO

関連するキーワード


但馬五社巡り 寺社仏閣

関連する投稿


山中の寺院に超巨大仏像が!但馬大佛は見る者を圧倒する!【香美町】

山中の寺院に超巨大仏像が!但馬大佛は見る者を圧倒する!【香美町】

兵庫県香美町の山中にある寺院、川会山長楽寺に建造された3体の巨大仏像「但馬大佛(たじまだいぶつ)」。あの有名な奈良東大寺の大仏をも凌ぐ大きさの大仏が立ち並ぶ光景は圧巻の一言です。今回は、但馬大佛がそびえる長楽寺(ちょうらくじ)について、アクセス方法や参拝料などの情報をお伝えしていきます。


蕎麦とお城だけじゃない!出石のちょっとマニアックな観光スポット3選

蕎麦とお城だけじゃない!出石のちょっとマニアックな観光スポット3選

皿そばと城下町巡りで有名な、豊岡市の出石町。ただ、出石にはお城以外にも魅力的なスポットがいくつもあるんです。今回は、そんな出石の中でもちょっとマニアックな3つのスポットをご紹介します。


【但馬五社】養父神社の紅葉ライトアップは必見!特別なお守り&御朱印も

【但馬五社】養父神社の紅葉ライトアップは必見!特別なお守り&御朱印も

但馬五社の1つに数えられる、養父神社。11月には「紅葉祭り(もみじまつり)」が開催され、美しい紅葉が観られるように。この記事では、養父神社の境内の様子や紅葉の写真、アクセス方法をご紹介します。


出石 見性寺|高さ4mの回転式書庫「輪蔵」は必見!

出石 見性寺|高さ4mの回転式書庫「輪蔵」は必見!

出石の中心街から徒歩で10分以内に位置する曹洞宗の仏教寺院、見性寺。江戸時代から続く由緒あるお寺です。美しい庭園や広々とした本堂、そして高さ4mの回転式書庫「輪蔵(りんぞう)」は一見の価値ありです。


最新の投稿


【2022年4月】白糸の滝キャンプ場、ついに雪解け!【出石】

【2022年4月】白糸の滝キャンプ場、ついに雪解け!【出石】

出石皿そばで有名な兵庫県豊岡市出石町。しかし、出石にはあまり知られていない隠れ名所がいくつもあるんです。今回ご紹介するのは、白糸の滝。出石の中心部から車で約10分強という近場で、お手軽にマイナスイオンを浴びられる白糸の滝についてその魅力やアクセス方法をご紹介します。敷地内には無料キャンプ場も併設されていますので、穴場キャンプ場を探している方にもおすすめ。 ※白糸の滝キャンプ場は2022年3月に雪で道が塞がっていましたが、無事に再開しました。ただし、滝までのキャンプ場から滝までの道は倒木で通行不能となっています。


【但東町】2022年のチューリップまつりは4月15日から!

【但東町】2022年のチューリップまつりは4月15日から!

兵庫県豊岡市但東町の名物イベント「たんとう チューリップまつり」は、2022年4月15日より開催!10日間程度の予定で終了する予定です。2021年に2年ぶりの再開となり、賑わいを見せたチューリップまつり。本年度も開催を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。この記事では、2021年のチューリップ祭りに関する情報や、会場の様子をお伝えします。


【3/31更新】出石の桜は満開に!4/1・2は家老屋敷で甘酒サービスも

【3/31更新】出石の桜は満開に!4/1・2は家老屋敷で甘酒サービスも

毎年、城跡を中心に桜でいっぱいになる出石の城下町。4月には桜を目当てに訪れる観光客も目立ちます。この記事では2022年の出石の開花状況について随時発信する他、4月1日(金)2日(土)に家老屋敷で開催されるイベントについてもお伝えします。


【再開】豊岡の無料キャンプ場 大師山自然公園は使い勝手最強!

【再開】豊岡の無料キャンプ場 大師山自然公園は使い勝手最強!

豊岡市街地と出石のほぼ中間に位置する、大師山公園キャンプ場。豊岡市街地からなら仕事帰りに寄ることも可能な好アクセスに加えて利用料が無料とあって、人気が沸騰しています。そんな大師山公園キャンプ場について、アクセス方法や施設の概要をお伝えします。 ※2022年3月29日現在、まん延防止期間終了&雪解けによりキャンプ場は再開されました。


出石皿そば店、まん延防止期間中も営業継続!

出石皿そば店、まん延防止期間中も営業継続!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための「まん延防止等重点措置」が兵庫県全域に2022年1月27日~2月20日の期間で発令されました。※兵庫県は3月も延長 期間中は、出石皿そば店のほとんどは営業を継続する見込みです。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介