【出石(豊岡市)】城下町に新たな体験施設がオープン!

【出石(豊岡市)】城下町に新たな体験施設がオープン!

たくみ工芸さんでは、豊岡市出石町内で伝統工芸の豊岡杞柳細工(とよおかきりゅうざいく)を製造しています。そんなたくみ工芸さんが、出石城下町の中心地に新しく「伝統工芸館 杞柳」をオープン。施設内では若手職人さんの仕事を見学できる他、製作体験もできるとのこと。出石皿そばを堪能した後に、ぜひ足を運んでみてくださいね。


【土・日限定】出石に杞柳細工の伝統工芸館が誕生!

たくみ工芸

豊岡市出石町で伝統工芸の豊岡杞柳細工(とよおかきりゅうざいく)を製造しているたくみ工芸さん。2021年3月より、出石城下町に「伝統工芸館 杞柳」をオープンすることになりました。施設内では柳行李の作品や若手職人さんの仕事を見学できるようにっています。

柳行李 伝統工芸館

若手職人さんの仕事を見学できる!伝統の技術を受け継ぐ修行中

たくみ工芸 伝統工芸館

約1200年の歴史を持つ、豊岡杞柳細工(とよおかきりゅうざいく)の技術を守り続けるたくみ工芸さん。絶滅しつつある技術を後世に受け継ぐべく、後進の育成にも力を入れています。伝統工芸館では、そんな修行に励むお弟子さんの作業を見学することが出来るのです。

たくみ工芸 伝統工芸館

施設内ではカゴバッグ作り体験も

かごバッグ体験

施設内では見学だけでなく、カゴバッグ作りの体験もできます。税込550円で伝統技術の一端に触れることができる体験メニュー。皿そばを食べた後に、ぜひ取り組んでみてくださいね。

伝統工芸館 施設概要

開館時間 10:00~15:00
開館曜日 土・日曜日
電話番号 0796-52-3280

そもそも柳行李って?

明治時代から伝わる、豊岡市の伝統工芸である柳行李(やなぎごうり)。行李とは、竹や柳などを編んでつくられた籠のことで、柳を原料としてつくられるのが柳行李なのです。ちなみに、柳行李は有名な豊岡鞄の原型とも言われています。
保湿性と耐久性に優れているのが柳行李の特長ですが、中でもたくみ工芸さんの柳行李は、原料となる「コリヤナギ」の栽培から製作、加工まで一貫して行っている国内唯一の工房なので品質は折り紙付きです。

この記事のライター

東京都出身の豊岡市地域おこし協力隊。皿そばで有名な出石城下町の魅力発信を担当。たじまっぷ編集長として、豊岡を含めた但馬地方の魅力を日々発信していきます。

過去の経歴:不動産会社勤務→世界一周→ライター・SEO

最新の投稿


出石皿そば店、まん延防止期間中も営業継続?【1/27時点】

出石皿そば店、まん延防止期間中も営業継続?【1/27時点】

新型コロナウイルス感染拡大防止のための「まん延防止等重点措置」が兵庫県全域に2022年1月27日~2月20日の期間で発令されました。期間中は、出石皿そば店のほとんどは営業を継続する見込みです。


但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

兵庫県北部の但馬地方では、例年11月になると各地で美しい紅葉が見られます。今回は豊岡や養父など、但馬各地の紅葉スポットをご紹介。大阪や神戸方面の方も、但馬在住の方も紅葉スポット巡りの参考にしていただければ幸いです。


【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

兵庫県養父市大屋町の横行地域に広がる横行渓谷。道中に数々のビューポイントを有する美しい渓谷です。11月になると渓谷全体が紅葉で美しく染まる横行渓谷について、アクセス方法などを含めて解説します。 11月になると紅葉が美しい 頂上まで車で行ける ぶなのしずく マップ


豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

近頃、話題の講談。「神田伯山」さんの登場によって、注目が集まっています。しかし、実際は「興味はあるけど、生で講談を見たことがない。」「どこに行ったら見れるの?」なんと豊岡にて11月と12月と二ヵ月連続で講談会が行われます。今回はその内容について紹介させていただきます。


48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

豊岡市日高町の阿瀬渓谷は、出石の城下町から車で約30分ほどのに広がる渓谷です。美しい山間の風景に、全部で48もある滝、そして奥部には昭和まで人々が生活していた痕跡が残る廃村も。今回は豊かな自然と歴史ロマンが詰まった、阿瀬渓谷の魅力やアクセス方法についてお伝えしていきます。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介