【豊岡 日高】植村直己冒険館、2021年にリニューアルオープン!

【豊岡 日高】植村直己冒険館、2021年にリニューアルオープン!

全面リニューアルのために、休館していた豊岡市日高町の植村直己冒険館。日本人初のエベレスト登頂を果たすなど、世界にその名を轟かせる偉大な冒険家である植村直己氏の功績を後世に遺すために建てられた博物館として、親子で身体を動かして遊べる体験施設として、生まれ変わった冒険館の魅力をお伝えします。


世界を股にかけた冒険家 植村直己氏!日本人初のエベレスト登頂者

植村直己冒険館

豊岡市日高町出身の冒険家・植村直己。エベレストに日本人で初めて登頂するとともに、世界初の五大陸最高峰登頂者となるなど、日本を代表する冒険家といえるでしょう。そんな植村直己の記録や、本人が使用していたサバイバルグッズの数々を展示しているのが、植村直己冒険館なのです。

2021年4月にリニューアルオープン!

植村直己冒険館

植村直己冒険館はリニューアル工事のため、約1年間にわたって休館。そして、2021年4月に満を持してリニューアルオープンしました。展示や映像で植村直己氏の足跡を辿れる他、スターバックスコーヒーの豆を使用したお洒落なカフェや冒険家気分を味わえる体験型屋外施設「どんぐりBASE」など、五感で楽しめる施設として生まれ変わったのです。

植村直己冒険館

入口から冒険者気分を味わえる

植村直己氏が愛用したアイテムの数々

植村直己冒険館

植村直己冒険館

体験型施設「どんぐりBASE」は親子で楽しめる!

植村直己冒険館

リニューアルオープンした植村直己冒険館の目玉とも言えるのが、体験型施設「どんぐりBASE」です。トランポリンやボルダリングなど、身体を使って冒険家気分を味わえます。

植村直己冒険館

植村直己冒険館のアクセス・基本情報

【営業時間】9:00~17:00
【定 休 日】水曜・土曜
【公式HP】https://boukenkan.com/
【入館料金博物館 大人550円子ども330円
     どんぐりBASE 大人330円 子ども550円
     博物館・どんぐりBASE 大人770円 子ども770円

この記事のライター

東京都出身の豊岡市地域おこし協力隊。皿そばで有名な出石城下町の魅力発信を担当。たじまっぷ編集長として、豊岡を含めた但馬地方の魅力を日々発信していきます。

過去の経歴:不動産会社勤務→世界一周→ライター・SEO

最新の投稿


但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

兵庫県北部の但馬地方では、例年11月になると各地で美しい紅葉が見られます。今回は豊岡や養父など、但馬各地の紅葉スポットをご紹介。大阪や神戸方面の方も、但馬在住の方も紅葉スポット巡りの参考にしていただければ幸いです。


【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

兵庫県養父市大屋町の横行地域に広がる横行渓谷。道中に数々のビューポイントを有する美しい渓谷です。11月になると渓谷全体が紅葉で美しく染まる横行渓谷について、アクセス方法などを含めて解説します。 11月になると紅葉が美しい 頂上まで車で行ける ぶなのしずく マップ


豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

近頃、話題の講談。「神田伯山」さんの登場によって、注目が集まっています。しかし、実際は「興味はあるけど、生で講談を見たことがない。」「どこに行ったら見れるの?」なんと豊岡にて11月と12月と二ヵ月連続で講談会が行われます。今回はその内容について紹介させていただきます。


48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

豊岡市日高町の阿瀬渓谷は、出石の城下町から車で約30分ほどのに広がる渓谷です。美しい山間の風景に、全部で48もある滝、そして奥部には昭和まで人々が生活していた痕跡が残る廃村も。今回は豊かな自然と歴史ロマンが詰まった、阿瀬渓谷の魅力やアクセス方法についてお伝えしていきます。


2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

「天空の城」として有名な、兵庫県朝来市の竹田城跡。一面に広がる雲海の中に城が浮かんでいるように見えるその光景は、某ジブリアニメを連想させますよね。 「1度は見てみたい!」という方も多い竹田城の雲海ですが、どこへ何時頃いけばよいのでしょうか。今回は、早起きが苦手な編集部員と共に竹田城跡を訪れた際の体験記をお伝えします。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介