出石そばの食べ歩きを楽しもう!出石皿そば巡り巾着セット販売中

出石そばの食べ歩きを楽しもう!出石皿そば巡り巾着セット販売中

兵庫県豊岡市の出石町といえば、40軒以上の出石皿そば店が連なる「お蕎麦の町」として有名ですよね。しかし、せっかくお蕎麦の町に来たのですから、複数のお店を回ってみたいのでは?そんな方におすすめな「皿そば巡り巾着セット」について、使い方や購入方法、対象店舗をお伝えします。


皿そば巡り巾着セットとは

出石皿そば巡り 巾着

40以上の出石皿そば店が軒を連ねる、城下町・出石。数多くのお蕎麦屋さんの中から3軒の食べ比べができる便利なアイテムが皿そば巡り巾着セットなのです。3枚の永楽通宝が巾着袋に入っており、1枚につき3皿の出石皿そばを味わえます。

緊急事態宣言中は販売停止

出石皿そば巡り巾着セットは兵庫県に緊急事態宣言がはつれいされたため、販売を停止しています。

皿そば巡り巾着セットの概要

出石そば

皿そば巡り巾着セットの概要は以下の通り。

販売価格:2000円(税込)
販売場所:出石観光案内所(TEL:0796-52-6045)
販売時間:10:00~17:00

皿そば巡り巾着セットの販売場所(出石観光案内所)の位置

出石観光案内所は、辰鼓楼(時計台)の近くにある、トラベルカウンター。メインの大手前駐車場からも近いので、降車後すぐに皿そば巡り巾着セットを購入できます。

皿そば巡りをできるお店【観光協会HP】

皿そば巡り巾着(永楽通宝)はほとんどの出石皿そば店で使用できますが、一部非対応の店舗も。以下の観光協会HPをご参照ください。
https://www.izushi.co.jp/sobamap/

皿そば巡り巾着セットの注意点

気軽に出石皿そばの食べ歩きを楽しめる巾着セットですが、以下の点には注意です。

・必ず違う店で使う必要がある。
→3枚の永楽通宝は、それぞれ違う店で使わなければならず、1つの店で使い切ることはできません。
・営業時間に注意
→出石皿そば店の多くは、夕方までに閉店してしまいます。
・1日で使い切る必要はない
→有効期限は3か月なので、その日のうちに使い切る必要はありません。
・複数人でのシェアはNG
→1セットを購入して3人で分ける、といった運用は不可です。

この記事のライター

東京都出身の豊岡市地域おこし協力隊。皿そばで有名な出石城下町の魅力発信を担当。たじまっぷ編集長として、豊岡を含めた但馬地方の魅力を日々発信していきます。

過去の経歴:不動産会社勤務→世界一周→ライター・SEO

最新の投稿


但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

兵庫県北部の但馬地方では、例年11月になると各地で美しい紅葉が見られます。今回は豊岡や養父など、但馬各地の紅葉スポットをご紹介。大阪や神戸方面の方も、但馬在住の方も紅葉スポット巡りの参考にしていただければ幸いです。


【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

兵庫県養父市大屋町の横行地域に広がる横行渓谷。道中に数々のビューポイントを有する美しい渓谷です。11月になると渓谷全体が紅葉で美しく染まる横行渓谷について、アクセス方法などを含めて解説します。 11月になると紅葉が美しい 頂上まで車で行ける ぶなのしずく マップ


豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

近頃、話題の講談。「神田伯山」さんの登場によって、注目が集まっています。しかし、実際は「興味はあるけど、生で講談を見たことがない。」「どこに行ったら見れるの?」なんと豊岡にて11月と12月と二ヵ月連続で講談会が行われます。今回はその内容について紹介させていただきます。


48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

48の滝に廃村まで…冒険心くすぐる阿瀬渓谷!紅葉の時期はさらに美しく

豊岡市日高町の阿瀬渓谷は、出石の城下町から車で約30分ほどのに広がる渓谷です。美しい山間の風景に、全部で48もある滝、そして奥部には昭和まで人々が生活していた痕跡が残る廃村も。今回は豊かな自然と歴史ロマンが詰まった、阿瀬渓谷の魅力やアクセス方法についてお伝えしていきます。


2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

「天空の城」として有名な、兵庫県朝来市の竹田城跡。一面に広がる雲海の中に城が浮かんでいるように見えるその光景は、某ジブリアニメを連想させますよね。 「1度は見てみたい!」という方も多い竹田城の雲海ですが、どこへ何時頃いけばよいのでしょうか。今回は、早起きが苦手な編集部員と共に竹田城跡を訪れた際の体験記をお伝えします。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介