城崎にしかない!?日本で唯一の郷土民芸品「むぎわら細工」を体験しよう!

城崎にしかない!?日本で唯一の郷土民芸品「むぎわら細工」を体験しよう!

温泉やカニで有名な豊岡市の城崎町。その城崎に、約300年の歴史をもつ郷土民芸品「麦わら細工」があるのををご存知でしょうか?今回はその麦わら細工の魅力をお伝えします。


兵庫県伝統的工芸品および豊岡市無形文化財に指定の城崎温泉の伝統工芸「城崎麦わら細工」とは?

細かい手仕事により、美しい模様を作り出す、麦わら細工。大麦のわらを原料とし、色とりどりに染めた麦わらを開いて桐箱や色紙に一つひとつ丁寧に貼り付けながら模様や絵を仕上げていきます。

麦わら細工の歴史は古く、江戸時代中期に因州(現在の鳥取県)の住人”半七”という人が、湯治のために城崎温泉を来訪。半七は宿賃の足しにと、さまざまな色に染めた麦わらを竹笛や独楽などに張り付け、宿の店先で販売したことが始まりだと言われています。

麦わら細工の製造販売を行っているのは全国で二店舗のみ!?

俳優・小日向文世さん似の神谷俊彰さん(左)

麦わら細工の製造販売を行っているのは全国でわずか二店舗しかなく、その両方ともが城崎にあるのです。そのうちの一店舗「かみや民芸店」。こちらのお店の店主である神谷俊彰氏は、現在で三代目。俊彰氏の父、勝氏は2004年に皇太子殿下ご夫妻にご息女・愛子様の誕生祝いとして「大文庫・コウノトリ」を献上されました。栄華を極めた麦わら細工の職人も現在は4人ほどしかいないそうでで、職人の後継者不足を解消するためにご自身の活動と並行して、後継者の育成や普及活動に取り組まれています。

神谷氏のもとで日々修行されている田口さん(左)

今日からあなたも麦わら細工職人に!?

こちらの工房では、ポストカードやブローチ、ジュエリーボックスなどの麦わら細工製品を実際に作れる体験ができるのが最大の特徴です。

今回はジュエリーボックスを選択。神谷さんの丁寧な指導のもと、黙々と木箱にごはんで作られた糊を使って麦わらを貼っていくのですが、少しずれたり、爪が引っかかり表面に傷が付いたりと、とにかく難しいです。
小さな木箱でも気が付けば作業終了までに要した時間は、なんと一時間半。ただ、貼る作業の楽しさからなのか夢中になりすぎて、あっという間に時間が過ぎていったように感じました。

最後の仕上げや手直しは職人さんが行ってくださいますので、多少失敗しても大丈夫!安心して体験してみてください。

手直しされる前

手直ししていただいたあと。職人さんの手に掛かれば、拙劣な作品にも関わらず学芸会レベルまでに引き上げてくださいました。

かみや民芸店のアクセス・基本情報

【営業時間】 10:00 ~ 18:00
【電話番号】 0796-20-5206
【定休日】  不定休
【公式HP】  https://kamiya-mingei.com/shop/

この記事のライター

新たに編集員として加わりました、噺家の桂ぎん次郎です。地元の方でもあっと驚かれるようなマニアックな観光スポットも発信していきますので、旅の参考にしてみてください。

最新の投稿


但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

但馬おすすめ紅葉スポット5選!定番スポットから穴場まで!

兵庫県北部の但馬地方では、例年11月になると各地で美しい紅葉が見られます。今回は豊岡や養父など、但馬各地の紅葉スポットをご紹介。大阪や神戸方面の方も、但馬在住の方も紅葉スポット巡りの参考にしていただければ幸いです。


【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

【養父 大屋】横行渓谷に紅葉を観に行こう!幻の銘水を汲めるスポットも!

兵庫県養父市大屋町の横行地域に広がる横行渓谷。道中に数々のビューポイントを有する美しい渓谷です。11月になると渓谷全体が紅葉で美しく染まる横行渓谷について、アクセス方法などを含めて解説します。 11月になると紅葉が美しい 頂上まで車で行ける ぶなのしずく マップ


豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

豊岡にて、二か月連続で今話題の「講談」が楽しめる!!

近頃、話題の講談。「神田伯山」さんの登場によって、注目が集まっています。しかし、実際は「興味はあるけど、生で講談を見たことがない。」「どこに行ったら見れるの?」なんと豊岡にて11月と12月と二ヵ月連続で講談会が行われます。今回はその内容について紹介させていただきます。


2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

2021年の竹田城 雲海シーズン突入!どこへ何時に行けばいい?【朝来】

「天空の城」として有名な、兵庫県朝来市の竹田城跡。一面に広がる雲海の中に城が浮かんでいるように見えるその光景は、某ジブリアニメを連想させますよね。 「1度は見てみたい!」という方も多い竹田城の雲海ですが、どこへ何時頃いけばよいのでしょうか。今回は、早起きが苦手な編集部員と共に竹田城跡を訪れた際の体験記をお伝えします。


養父神社の紅葉は昼も夜も楽しめる!限定御朱印も販売!

養父神社の紅葉は昼も夜も楽しめる!限定御朱印も販売!

兵庫県養父市の養父神社は、県内屈指の紅葉スポットとして有名。11月の紅葉シーズンは「やぶもみじまつり」と銘打ち、お守りや御朱印の販売も行われます。昼は紅葉の中でお散歩、夜はライトアップと昼夜楽しめる養父神社の様子をお届けします。※写真は2020年に撮影しました。


編集部が選ぶおすすめのページを紹介